サッカー番長 杉山茂樹が行く

カタールW杯。突破確率15%ながら日本に追い風が吹いていると考えたくなる理由

写真:Shigeki SUGIYAMA

 横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督は9月18日、ホームでコンサドーレ札幌に00で引き分けると、会見でこう述べた。

「札幌の戦いは私たちがコントロールできる範疇ではありませんが、メディアの皆さんも、あのような(時間を引き延ばすような)プレーが見たくてここに来たわけではないはずです。世界中のサッカーファンは、サッカーそのものが見たいのです。サッカーという競技を純粋に楽しみたいのです。怪我人も出ていないのに7分間もアディショナルタイムがあったことも疑問です。フラストレーションは溜まりますが、我々はコントロールできるところをコントロールしながら、我々のサッカーを表現することに集中していきたい」

 時間稼ぎをした札幌への怨み節以上に、筆者が同意したくなったのは「サッカーファンは、サッカーそのものを楽しみたい」とのくだりだ。

 横浜FMファンのみならず、札幌ファンにも満足してもらいサッカーがしたいと言ったも同然の、まさに正論を、正面切って口にすることができる日本人監督は少ない。森保一日本代表監督が、勝利監督インタビューで口にするお決まりの台詞=「我々を応援してくださる人のために勝利を届けることができて嬉しい」と、つい比較したくなる。

 カタールW杯まで2ヶ月後。しかし、日本代表は世界のサッカーファンを満足させることができるかというコンセプトは忘れられがちだ。W杯はサッカーの品評会であり、スポーツの祭典である。日本のサッカーに関心がない人をこちらに振り向かす、またとない機会である。日本代表監督には、ケヴィン・マスカット的な一言を、さりげなく口にできる人物に就いて欲しいものである。

 W杯が近づくと日本はグループリーグを突破できるか、とか、何勝何敗かとか、話は成績に向きがちだが、サッカーは運が結果の3割を占めるとされる競技だ。日本は1998年フランスW杯これまでにW杯に6度出場し、計21試合戦っている。その一つ一つを振り返ることで、戦前の予想がどれほど無意味なことかを知ることができる。

 まさかの敗戦、すなわち番狂わせを喫したことはない。日本の立ち位置がブックメーカーの予想で2番手以内だったことはない。2002年の日韓共催W杯でも3番手だった。

(残り 2405文字/全文: 3347文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ